坂本小児科
~ おっぱいにはみんなの夢が詰まっている 貧乳はみんなに夢を分けてくれたから小さい ~
中の人:モコあき(モコりん)
連絡先:mokoriso+site_top@gmail.com
オリジナルe-アミューズメントパスジェネレータ β
2009年04月11日 17:36
Rails 2.3.2 mysqlドライバがどうだの こうだの
コメント (6) カテゴリ的には「おぼえがき」

久しぶりに新サーバを作るのでRailsをインスコ。

いつのまにか2.3.2になってるんだね
ちょっと目を放した隙に、あいつら未来に生きてんな状態ですよ

いろいろ変更あって大変だったところもあるんですが、

特にハマったのは

> rake db:migrate
(in /home/mokorin/rails/untara)
!!! The bundled mysql.rb driver has been removed from Rails 2.2. Please install the mysql gem and try again: gem install mysql.
rake aborted!
no such file to load -- mysql

これね。

ぐぐるとドライバが2.2で消えてるとか何とか。よくわからない。
なんでそういう事になったのか気になるけど、ぐぐってシステム担当に聞いて解決してくれた

こんな感じ
システムによってパスが変わると思う。 これは少なくともCentOS5.3。yumでmysqlインスコしてたはず。

> sudo gem install mysql -- --with-mysql-dir=/usr/lib/mysql --with-mysql-config
Building native extensions. This could take a while...
Successfully installed mysql-2.7
1 gem installed

これでmigrateできた。よかったよかった





2008年10月15日 18:36
サーバ資料 覚書
コメント (0) カテゴリ的には「おぼえがき」

モコ

ちょっとローカルにRails開発環境が必要になった。
ついでに次世代モコ鯖の秀作としてVirtualPC上にRails鯖を作成する。

今回はCentOSインスコ。確か5.2くらい。
http://centossrv.com/centos5.shtml
この辺を見ながらインスコ終了。

注意事項としては、VirtualPCの場合のインスコ選択画面で
CUI → linux text clock=pit
GUI → linux vesa i8042.noloop psmouse.proto=imps clock=pit

しないとインスコ途中で止まっちゃう。

あと初回起動時にも引数に入れないと起動しないし、

起動したら /etc/grub.conf kernelの行に追記しないと毎回起動しない。
これで困ってる人多そう。

んでインスコ終了


しばらくはrootで作業

ユーザ作成
>useradd hogehoge
>passwd hogehoge
>userdel -r hogehoge ←削除する場合

775じゃなくてもいいかも。でも、この配下にrailsアプリを置いたらパーミッションで怒られたので俺はこうする
>chmod 775 /home/hogehoge

yumのアップデート
>yum update yum -y

>yum update -y

>chkconfig acpid off
>chkconfig apmd off
>chkconfig atd off
>chkconfig auditd off
>chkconfig mcstrans off
>chkconfig restorecond off
>chkconfig bluetooth off
>chkconfig hidd off
>chkconfig netfs off
>chkconfig nfslock off
>chkconfig portmap off
>chkconfig rpcgssd off
>chkconfig rpcidmapd off
>chkconfig avahi-daemon off
>chkconfig iptables off
>chkconfig ip6tables off
>chkconfig cpuspeed off
>chkconfig cups off
>chkconfig firstboot off
>chkconfig gpm off
>chkconfig irqbalance off
>chkconfig mdmonitor off
>chkconfig pcscd off
>chkconfig yum-updatesd off
>chkconfig sendmail off
>chkconfig smartd off

SELinuxの無効化
>getenforce ← SELinux状態確認
Enforcing ← SELinuxが有効って事らしい

>setenforce 0 ← SELinux無効化

>getenforce ← SELinux状態確認
Permissive ← SELinux無効って事らしい

vi /etc/sysconfig/selinux ← SELinux設定ファイル編集
SELINUX=enforcing

SELINUX=disabled


保存する


SSH rootログイン出来なくする
/etc/ssh/sshd_config を編集する

#PermitRootLogin yes

PermitRootLogin no


保存して
>service sshd restart

いろいろインスコするよ

>yum install gcc-c++
>yum install httpd httpd-devel
>yum install mysql-server mysql-devel
>yum install ruby ruby-devel rdoc
>yum install mod_dav_svn
>yum install ntp


Subversionの設定


リポジトリを作成するディレクトリを作成する(場所はどこがいいんだろうねぇ
>mkdir /var/svn/

作成したディレクトリに移動する
>cd /var/svn/

リポジトリ作成
>svnadmin create hoge

Apacheがリポジトリに読み書きアクセス出来るように、所有権を変更
>chown -R apache:apache /var/svn/hoge

SubVersion設定ファイルを作成(編集)する 自動的にapacheが読みこんでくれるです。
>vi /etc/httpd/conf.d/subversion.conf

こんな感じで追記。

<Location /piyo/hoge>
 DAV svn
 SVNPath /var/svn/hoge
</Location>

/var/svn/hoge
ってのは、サーバ内部のリポジトリ絶対パスだね。

認証しないなら
#LoadModule authz_svn_module modules/mod_authz_svn.so
認証するならhttp://www.cozmixng.org/~kou/linux/svn

apache起動
>service httpd start


http://<設定したサーバ>/piyo/hoge
がブラウザで開ければOK! そのURLをSVNクライアントで指定してあげましょう

他のhttpdの設定は殆どいじってないな
またそのうち考えよう めどいめどい


/etc/ntp.conf の設定例
restrict -4 default kod nomodify notrap nopeer noquery
#restrict -6 default kod nomodify notrap nopeer noquery

restrict -4 127.0.0.1
#restrict -6 ::1

server -4 ntp.nict.jp iburst
server -4 ntp.nict.jp iburst
server -4 ntp.nict.jp iburst

driftfile /var/lib/ntp/drift
logfile /var/log/ntp.log


時間合わせ
>ntpdate ntp.nict.jp

>chkconfig ntpd on
>service ntpd start

/etc/my.conf の設定例
[mysqld]
datadir=/var/lib/mysql
socket=/var/lib/mysql/mysql.sock
user=mysql

old_passwords=0
default-character-set = utf8
skip-character-set-client-handshake

#↓このあたりの設定はネットで調べて必要だと思ったら入れるべし
#query_cache_size=24M
#thread_cache=512
#table_cache=512

[mysqld_safe]
log-error=/var/log/mysqld.log
log-query=/var/log/mysqld.query
pid-file=/var/run/mysqld/mysqld.pid

[mysql]
default-character-set = utf8

[mysqldump]
default-character-set = utf8

>chkconfig mysqld on
>service mysqld start

さらに設定
>mysql -u root

mysql> select user,host,password from mysql.user;

+------+-----------------------+----------+
| user | host                  | password |
+------+-----------------------+----------+
| root | localhost             |          | ←これにパスワードを設定して
| root | localhost.localdomain |          | ←これと
| root | 127.0.0.1             |          | ←これを消しましょう(いいよね?)
+------+-----------------------+----------+

mysql> set password for root@localhost=password('NewPassword');
mysql> delete from mysql.user where host = 'localhost.localdomain';
mysql> delete from mysql.user where host = '127.0.0.1';


mysql> select user,host,password from mysql.user;

+------+-----------------------+----------+
| user | host                  | password |
+------+-----------------------+----------+
| root | localhost             | gyhujiko |
+------+-----------------------+----------+

mysql> exit

>mysql -u root -p
パスワードを聞かれるのでさっき設定した奴を入力

mysql>show databases;

+--------------------+
| Database           |
+--------------------+
| information_schema |
| mysql              |
| test               |
+--------------------+

mysql>drop database test; 不要なDBを消す


mysql> exit

なんとなくリブート
>reboot


rubygems入れるよ!

>wget http://rubyforge.org/frs/download.php/43985/rubygems-1.3.0.tgz
>tar xvzf rubygems-1.3.0.tgz
>ruby setup.rb
>gem update --system


>gem install rails --remote --include-dependencies
>gem install passenger --remote --include-dependencies

>passenger-install-apache2-module

/etc/httpd/conf.d/passenger.confに書く(インスコ時に出た情報を記入する)
LoadModule passenger_module /usr/lib/ruby/gems/1.8/gems/passenger-2.0.3/ext/apache2/mod_passenger.so
PassengerRoot /usr/lib/ruby/gems/1.8/gems/passenger-2.0.3
PassengerRuby /usr/bin/ruby


/etc/httpd/conf/httpd.confに追記


設定1
NameVirtualHost *:80


設定2
<VirtualHost *:80>
 ServerName hoge.mokoaki.net
 DocumentRoot /home/hogehoge/rails/app_name/public
 ErrorLog /home/hogehoge/rails/app_name/log/error.log
 CustomLog /home/hogehoge/rails/app_name/log/access.log combined
 RailsEnv development
 #RailsMaxPoolSize 4
 #RailsPoolIdleTime 30
 #RailsSpawnServer
 #RailsBaseURI
 #RailsAutoDetect
 #RailsAllowModRewrite
 #RailsRuby
 #RailsEnv
 #RailsDefaultUser
</VirtualHost>

>chkconfig httpd on
>service httpd restart

Postfixのインスコ
>yum install postfix -y

>alternatives --config mta
postfixの番号を指定する

postfixの他の設定は俺の範疇外なのでぐぐれ


あとは

hogehogeユーザで

/home/hogehoge/rails/>rails -d mysql プロジェクト名
Railsのアプリを作ればいいんじゃないですかね


Hostsでも書き替えて、
http://hoge.mokoaki.net
にアクセスればいいじゃないですかね

ここからはRailsの話で今回とは関係ない。

DB作れよ?migreateしろよ?


いろいろツッコミどころはあるかと思いますが、
ここからだんだんとセキュリティとか考えて変えていきますよ


鯖なんて 数日ぐぐりながら 唸りながらがんばれば 誰でも作れる
おまいらも作ってみればいいと思うよマジで
鯖にするPCがない?

VirtualPCなりVMwareなり使えばいーじゃねーの

2007年07月30日 06:00
ImageMagickでtif画像とPDFを読み込み、合成してpdfで出力
コメント (0) カテゴリ的には「おぼえがき」





仕事で必要になったのでチョコチョコスクリプト書いたメモ。



やること

tifは全てシングル。(複数画像がアーカイブされているマルチtifってのもあるのだ)

PDFは全て1ページだけで構成されている。

出力は上の2つを合わせた2ページのPDF。を任意のディレクトリに保存する



全てファイル名は一緒。元となるtifとPDFはそれぞれ任意のディレクトリにまとめて置いてある。

環境はこないだ作ったのと一緒の・・はず。

http://www.mokoaki.net/blogdata/2007/05/imagemagickrmagick.php







とりあえずこんな感じのスクリプトを書いてみる。



require 'kconv'

require 'RMagick'



tifdir = "C:/Documents and Settings/moko/デスクトップ/in1/".tosjis

pdfdir = "C:/Documents and Settings/moko/デスクトップ/in2/".tosjis

outdir = "C:/Documents and Settings/moko/デスクトップ/out/".tosjis



Dir::glob(tifdir + '*.tif').each{|tiffilename|

 tiffilename = tiffilename.tosjis

 

 pdffilename = pdfdir + File.basename(tiffilename, ".*") + '.pdf'

 outfilename = outdir + File.basename(tiffilename, ".*") + '.pdf'

 

 puts tiffilename

 puts pdffilename

 puts outfilename

 

 puts "TifReadStart"

 tifimg = Magick::ImageList.new(tiffilename)

 puts "TifReadEnd"

 

 puts "PdfReadStart"

 pdfimg = Magick::ImageList.new(pdffilename)

 puts "PdfReadEnd"

 

 puts "ImgMergeStart"

 outimg = tifimg + pdfimg

 puts "ImgMergeEnd"

 

 puts "PdfWriteStart"

 outimg.write(outfilename)

 puts "PdfWriteEnd"

 

 puts "GC Start"

 GC.start

 puts "GC End"

}







するとこんなエラーを出しやがる。

read : Postscript delegate failed `C:/パス/xxx.pdf' (Magick::ImageMagickError)



Google先生に聞いてみたら

「GhostScript」が要るって事が分かったのでインスコしてみる。



今回インスコしたのは「gs854w32full.zip」ってヤツが最新版っぽい。

ネット上のいろんなトコでミラーされてるみたいなので適当にぐぐればおけ。



http://www.nsknet.or.jp/~tony/TeX/install/win/gs.htm#ghostscript

この「3」を参考にインスコした。

「Use Windows TrueType fonts for Chinese, Japanese and Korean」にチェックを入れた以外は特にいじってない。



ていうか

「Chinese, Japanese and Korean」

なんか いやだ



なんか「GSview」っていうやつの説明もあるけど、こっちはインスコしてない。





んで、その後実行してみると普通に出来た。コレだけ。



思いがけない効果としては、tif画像の出力が出来るようになってた。

もちろん2ページ入りのマルチtif。

まぁ今回はtif出力は関係ないし、画像サイズも大きくなってるっぽかったのであまり気にしてない。



そのうち必要になったら調べてみようかねぇ








と、ココまで書いた後に

こんなBATファイルを作れば良いんジャマイカと気づいた。



convert -append c:\xxx\001.tif c:\yyy\001.pdf c:\zzz\001.pdf

convert -append c:\xxx\002.tif c:\yyy\002.pdf c:\zzz\002.pdf

convert -append c:\xxx\003.tif c:\yyy\003.pdf c:\zzz\003.pdf

convert -append c:\xxx\004.tif c:\yyy\004.pdf c:\zzz\004.pdf



Σ(゚Д゚;ガーン  オニーチャン(*・∀・*)エッチー!!

まぁ、次策に生かしてまいりまする。



ていうかconvertのコマンドラインオプション、多いよな・・英語で読みたくない

2007年05月29日 18:37
ImageMagickとかRMagickとか
コメント (3) カテゴリ的には「おぼえがき」

モコです覚書。


職場で画像ファイルをいっぱい出力するのですが、
プリントアウトしたらどの紙がどのファイルを印刷したものか判らない、と
そういう注文が来たのですよ


で、画像にファイル名をぶち込んでやれば判るだろうと


そういう話になったであります。
ちょうど画像処理に興味を持った(一昨日に)良いタイミングだったので作業開始です


もちろんImageMagickとRMagick。
最近Rubyをかじっているのでこれしかあるまいてな。



さて、うちの会社にはLinux環境がないのですが、
そのうちLinuxマシンを構築する予定があるので今回作ったら無駄になるのよね


てなわけでWindows環境で行ってみようと。


とりあえず
ImageMagickとRMagickをインスコしないと話にならない。


Rubyは以前に入れた気がする
One-Click Installer - Windows
http://rubyforge.org/frs/?group_id=167&release_id=10461
ruby186-25.exe
こいつはrubygemsも一緒に入るみたい。



まずはImageMagick このあたり?
http://www.imagemagick.net/www/download.html



なんかたくさんファイルがありますね・・
http://tokyo.atso-net.jp/pukiwiki/?ImageMagick
によると、


-------------------------------------------------------------
ここでQ8とQ16は,1チャネルのビット数を表し,たとえばQ8ではRGBそれぞれ8bitで扱う
通常の画像であればこれで全く問題ないが、
PPMなどで48bit画像を使う場合などはQ16を使用する。
またdllとstaticの違いは単にリンク方法が違うだけなので,特に理由がなければdllでかまわない.

-------------------------------------------------------------
らしいので
迷わず最新バージョンぽい
ImageMagick-6.3.4-3-Q8-windows-dll.exe
を落としてくる。



次はRMagickですね
http://rubyforge.org/frs/?group_id=12&release_id=8170


・・・
RMagick-1.14.1_IM-6.3.0-7-Q8.zip
rmagick-win32-1.13.0_IM-6.2.9-3.zip
rmagick-1.13.0-IM-6.2.9-0-win32.zip


なんかよく分からんな・・IMって何だよ


とりあえず一番上の
RMagick-1.14.1_IM-6.3.0-7-Q8.zip
を落としてみる。


zipなので開いてみると
rmagick-1.14.1-win32.gem
ImageMagick-6.3.0-7-Q8-windows-dll.exe

が入ってた。


ImageMagickの古いのが入ってるよ ギャハハ(AA省略





とりあえず

ImageMagick-6.3.4-3-Q8-windows-dll.exe

インスコしてみる。




インストーラは普通。途中の設定で

デスクトップアイコン・・(゚⊿゚)イラネ

環境変数を書き換えますよ・・( ゚д゚)ノやってくれ!




あたりを確認して終了。問題ないなぁ









次はRMagick。

こいつはgemなのでrubygemを使います

プロンプトから




>gem install c:\xxxx\rmagick-1.14.1-win32.gem




・・・

速攻で終了。


簡単だなぁと思いながら とりあえず動くのか確認してみる。


require 'RMagick'
img = Magick::ImageList.new("c:\xxx\moko1.jpg")
img.write("c:\xxx\moko2.jpg")



思い出せないがこんな感じのソースだった気がする(ごめんもう覚えてない



実行すると
なんかエラー(覚えてないごめん)何か見つかりませんとか言ってる。





なんとなくピーンと来たのでインスコやりなおし。



プロンプト
>gem uninstall rmagick


プログラムの削除からImageMagicアンインスコ。



んで、RMagickに同梱されてた
ImageMagick-6.3.0-7-Q8-windows-dll.exe


を入れてみる。手順は一緒。


そのあと一応再起動してから
RMagickも入れる。


・・動いたー!



あとは

http://studio.imagemagick.org/RMagick/doc/

辺りをみながら適当に画像に効果を入れて出力してみた。







require 'RMagick'




img = Magick::ImageList.new('c:\20070529_1.jpg')










#サイズ取得

puts img.columns

puts img.rows




#拡大縮小

img2 = img.resize(90, 60)










#縦横比維持のまま拡大縮小(収まるサイズで)

img3 = img.resize_to_fit(200, 300)

img4 = img.resize_to_fit(400, 100)





 




#画像回転

img5 = img.rotate(90)










#ロール

img6 = img.roll(30, 40)










#倍画像

img7 = img.scale(2)

img8 = img.scale(0.5)





 




#波

img9 = img.wave(amplitude=25.0, wavelength=150.0)










#文字を書く?

img10 = img.clone





gc = Magick::Draw.new

gc.annotate(img10, 0, 0, 0, -5, "moko") do

 gc.gravity = Magick::SouthEastGravity #場所

 # gc.font_family = "Times" #フォント指定?

 # gc.font = "Times" #フォント指定?

 gc.pointsize = 32 #フォントサイズ

 gc.fill = "black" #文字色

 gc.stroke = "white" #縁取りの色

end










#100x100の赤い画像新規作成

img11 = Magick::Image.new(100,100){self.background_color = "red"}










#画像保存

img2.write('c:\20070529_2.jpg')

img3.write('c:\20070529_3.jpg')

img4.write('c:\20070529_4.jpg')

img5.write('c:\20070529_5.jpg')

img6.write('c:\20070529_6.jpg')

img7.write('c:\20070529_7.jpg')

img8.write('c:\20070529_8.jpg')

img9.write('c:\20070529_9.jpg')

img10.write('c:\20070529_10.jpg')

img11.write('c:\20070529_11.jpg')




ひゃっほう!

なんかワクワクしてきたぞ




あとはRubyで、順次ファイルを開かせてそのファイル名を書いて保存するだけだなっと







Windowsでインスコして動かす機会なんてそんなに無いと思うけど、俺なんかがいじっても動くんもんだねぇ






※この後ハマった件

・tiffで出力できない

・gifで出力するとやけに重い

  出力形式は問わないのでjpgで出力してまぁまぁおkスピード

  こんな感じで書き出す(クオリティは最低にした)

  img.write("#{ファイル名.jpg}"){self.quality = 1}

・メモリ食いすぎで異常終了

  ループにGC.start入れたらおkだった。

  ガベージコレクションが動く前に食いつぶしてたのかのう。

  (昔は「ガーベジコレクション」って言ってた気がするけど気のせいかな?)





img = Magick::ImageList.new("c:\xxx\moko1.jpg")

 は、

img = Magick::Image.read("c:\xxx\moko1.jpg").first

 の方が良いのかも知れない。.firstは要るのか要らないのか試してない(めどい

2007年05月18日 00:52
仕事でMT4iをいじらないといけなくなったのでいじる
コメント (0) カテゴリ的には「おぼえがき」

モコです。



仕事でMT4iをいじらないといけなくなったのでいじる

導入するファイルは4つしかないし、かなり簡単でした



が、最後に一つこんなエラーで泣く。

エントリの更新画面でインタナルサバエラー



[Fri May 18 00:20:44 2007] [error] [client xxx.xxx.xxx.xxx] Unrecognized escape \\A passed through at /xxxxxxxxxx/mt4i.cgi line 620.

[Fri May 18 00:20:44 2007] [error] [client xxx.xxx.xxx.xxx] "my" variable $text masks earlier declaration in same scope at /xxxxxxxxxx/mt4i.cgi line 3175.

[Fri May 18 00:20:44 2007] [error] [client xxx.xxx.xxx.xxx] Unrecognized escape \\s passed through at mt4ilib/Func.pl line 179.

[Fri May 18 00:20:44 2007] [error] [client xxx.xxx.xxx.xxx] Unrecognized escape \\s passed through at mt4ilib/Func.pl line 179.

[Fri May 18 00:20:44 2007] [error] [client xxx.xxx.xxx.xxx] Unrecognized escape \\s passed through at mt4ilib/Func.pl line 179.

[Fri May 18 00:20:44 2007] [error] [client xxx.xxx.xxx.xxx] Unrecognized escape \\s passed through at mt4ilib/Func.pl line 179.

[Fri May 18 00:20:44 2007] [error] [client xxx.xxx.xxx.xxx] Unrecognized escape \\s passed through at mt4ilib/Func.pl line 179.

[Fri May 18 00:20:44 2007] [error] [client xxx.xxx.xxx.xxx] Unrecognized escape \\s passed through at mt4ilib/Func.pl line 186.

[Fri May 18 00:20:44 2007] [error] [client xxx.xxx.xxx.xxx] Unrecognized escape \\s passed through at mt4ilib/Func.pl line 186.

[Fri May 18 00:20:44 2007] [error] [client xxx.xxx.xxx.xxx] Unrecognized escape \\s passed through at mt4ilib/Func.pl line 186.

[Fri May 18 00:20:44 2007] [error] [client xxx.xxx.xxx.xxx] False [] range "\\w-" in regex; marked by <-- HERE in m/[^\\w- <-- HERE /\\\\]/ at /xxxxxxxxxx/plugins/MTPageRating.pl line 41.

[Fri May 18 00:20:44 2007] [error] [client xxx.xxx.xxx.xxx] Use of uninitialized value in substitution (s///) at /usr/lib/perl5/5.8.5/Encode/JP/H2Z.pm line 157.

[Fri May 18 00:20:44 2007] [error] [client xxx.xxx.xxx.xxx] Use of uninitialized value in substitution (s///) at extlib/Jcode/Tr.pm line 27.

[Fri May 18 00:20:44 2007] [error] [client xxx.xxx.xxx.xxx] Use of uninitialized value in substitution (s///) at /usr/lib/perl5/5.8.5/Encode/JP/H2Z.pm line 157.

[Fri May 18 00:20:44 2007] [error] [client xxx.xxx.xxx.xxx] Use of uninitialized value in substitution (s///) at extlib/Jcode/Tr.pm line 27.

[Fri May 18 00:20:44 2007] [error] [client xxx.xxx.xxx.xxx] Can't call method "entry_prefs" on an undefined value at /xxxxxxxxxx/mt4i.cgi line 2154.

[Fri May 18 00:20:44 2007] [error] [client xxx.xxx.xxx.xxx] Premature end of script headers: mt4i.cgi





最後の行の「Premature end of script headers」でぐぐると結構同じ事で悩んでいる人がいるらしく

これが原因と思い込んでしばらくgoogleとにらめっこしてた





結局、原因は設定ページの

「AuthorName - Entry投稿者のログイン名」



こいつを設定してなかったのが問題だったっぽい。



他に



#!/usr/bin/perl -w



#!/usr/bin/perl --



に変えたりとか、結局効果があったのかどうか結局謎だっぽ

「おぼえがき」のエントリ

2009年04月11日
└Rails 2.3.2 mysqlドライバがどうだの こうだの
2008年10月15日
└サーバ資料 覚書
2007年07月30日
└ImageMagickでtif画像とPDFを読み込み、合成してpdfで出力
2007年05月29日
└ImageMagickとかRMagickとか
2007年05月18日
└仕事でMT4iをいじらないといけなくなったのでいじる
2006年10月24日
└MySQLのバカー モコ鯖周辺復活かも してないかも
モコ
旧コンテンツ
旧TOPの残骸
ロリコンバータ(乙)Ver 2.01 [readme.htm]
こんぷ道(ブツはありません)
春が来たきゅん(厨房のすくつチャット)
りそなメーリング(厨房のすくつメーリング)
カテゴリ
BLOG (10)
おぼえがき (6)
アニメは斜めから見れ (5)
コミケオンライン (2)
ゴチソウ (8)
ネタ (359)
マジ (5)
所謂タグクラウド
amazon BAROQUE e-AmusementPass MOTHER MT RSS ruby WILLCOM あさりよしとお こなた ぼくらの アニメ エヴァ ガイナックス ガンダム ギタドラ コミケ タミフル トップ トップをねらえ トラウマ ニコニコ ハルヒ パスモ ファイブスター プログラム 初音ミク 就職 携帯 杏露酒 稲場冬樹 長門 音ゲー
最近のエントリ
2009年04月11日
└Rails 2.3.2 mysqlドライバがどうだの こうだの
2008年10月15日
└サーバ資料 覚書
2007年07月30日
└ImageMagickでtif画像とPDFを読み込み、合成してpdfで出力
2007年05月29日
└ImageMagickとかRMagickとか
2007年05月18日
└仕事でMT4iをいじらないといけなくなったのでいじる
2006年10月24日
└MySQLのバカー モコ鯖周辺復活かも してないかも
月別
2009年10月 (2)
2009年08月 (2)
2009年07月 (8)
2009年06月 (12)
2009年05月 (7)
2009年04月 (6)
2009年03月 (11)
2009年02月 (6)
2009年01月 (19)
2008年12月 (12)
2008年11月 (11)
2008年10月 (15)
2008年09月 (8)
2008年08月 (3)
2008年07月 (3)
2008年06月 (3)
2008年05月 (1)
2008年04月 (7)
2008年03月 (9)
2008年02月 (3)
2008年01月 (16)
2007年12月 (12)
2007年11月 (8)
2007年10月 (10)
2007年09月 (12)
2007年08月 (6)
2007年07月 (7)
2007年06月 (7)
2007年05月 (4)
2007年04月 (10)
2007年03月 (7)
2007年02月 (6)
2007年01月 (4)
2006年12月 (4)
2006年11月 (5)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (8)
2006年07月 (9)
2006年06月 (6)
2006年05月 (11)
2006年04月 (12)
2006年03月 (23)
2006年02月 (17)
2006年01月 (5)
2005年11月 (1)
2005年10月 (11)
2005年07月 (1)
2005年06月 (10)
2005年05月 (4)
最近のコメント
MySQLのバカー モコ鯖周辺復活かも してないかも
└inuあき
仕事でMT4iをいじらないといけなくなったのでいじる
ImageMagickとかRMagickとか
└モコあき
└モコあき
ImageMagickでtif画像とPDFを読み込み、合成してpdfで出力
サーバ資料 覚書
Rails 2.3.2 mysqlドライバがどうだの こうだの
└flooring Pittsburgh
└Pool Maintenance
リンク
忍者公式サイト
懇ろ堂
ヤグチ タヰシ@Gunsou(有)のblog
千本ノック座談会のブログ
きゃぴりん☆きっく
シロケンハイム
としリンク
Project tera03
NImiai! .web
わんわんわん


RSS 1.0?
RSS2.0?
Atom?